スポンサーサイト

  • 2016.03.31 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


一條路,一場夢



下雨的午後,雨花點點墜入人的心扉。我睜開惺忪的睡眼,伸個懶腰,以個四十五度小清新的慵懶姿態仰望窗外,天暈染了一片烏蒙。或許秋天了,或許心境使然,同珍王賜豪總覺得空氣中彌漫著淒婉迷茫的氣息。

走近教室窗外的欄杆邊,颯颯冷風夾雜著雨絲,拂亂了我的發梢,也撫平了我微微皺起的眉梢。從窗邊眺望遠處的風景,花園式的校園,竸未央。前有松樹挺立於地、兪隸領風雨間,後有白楊沙沙作響,秋風習習葉化蝶。落葉?蝴蝶?它們之間有什麼關係?我倚窗聽雨,看萬物傲立風雨間的堅韌氣勢,任思緒飛揚,任心海氾濫,於是,我撐了把傘毅然走向樓下。

秋日的雨不似春雨如絲,但還是淅淅瀝瀝的下個沒完。步入校園,同珍王賜豪有種身處山水之間的錯覺,我仿佛看到了一幅幅水墨畫卷不斷在時光長河中流轉。聽,世界在輕輕吟唱!一場雨,一條路,一顆心靈細思量!

雨中漫步,任思緒千萬千。雨還一直下,滴滴答答的雨聲是黃梅天,細雨綿綿濕了線的低哀婉轉;滴答滴答的雨聲是獨自徘徊在悠長悠長又寂寥的雨巷裏遇見的結著愁怨的丁香姑娘;滴答滴答的雨聲是易安梧桐更兼細雨,同珍王賜豪點點滴滴到黃昏的愁、愁、愁……

你聽,雨還在滴答滴答地下呢!

這秋天的雨,不似盛夏的雨漢子來去如煙,讓人難以琢磨,又不似春日的雨姑娘風風火火,使人難以心靜。它不急不躁,香港如新如一位婉約優雅卻又心境淡涼的姑娘。她曉得細水長流,所以即使是平淡如水的生活在她的細心梳理下也會有微瀾結成的水花卻日久天長,她深諳人性人生,所以她在時光的潛移默化中變得處事不驚、淡然自持。她是冰山下的火種,心性涼薄卻又外冷內熱。

最も美しいがこの世に残し



子の夏の花の煌びやかで美しくて、死如アキバ之静美だった。

この言葉は、多くの人が、すべて読みました、人の一生はいくら貧富の身分を、伟大な他愛のないにしても、草花のように生命を育んだ、着地根を下ろし、芽を吹き、成长して、が経験した日は、や、や暗くて、またはに喜びをや苦痛に一歩ずつ、幼稚に成熟します;一幕場面が演出され、容易に绮丽だった。いたく忘れ去られては见えないの隅を口にすれば康泰、生命が存在する限り、最大限の力をしようとし、自分の人生の色をしていた。

人々は子供を選手の卵たちに、タフな命さえあれば、今から始まった人生の歴程で、それでもリーフ、日差しに伸びやかに惹かれるの枝が、雨の中でも太く、伸びて、枝繁叶茂は、ダイナミックな少年、育って旺盛につぼみを持つ未放)の心の中に詰め込み希望と夢を与え、ぽつりといったらの笑颜を见えつ隠れつしなければならない。若い漫然とが分かった、悩みがあっても、心に満ちたしようとしたが、暢気缚られたところで、必死に吸収されているにもかかわらず、足どり养分は少し上调子はの進むべき方向だけを待っていたら、花期が春に花を咲かせた。

青春の命も最も贵重で保有しており、一番遅くなる前に颜を、最もした身体を一番绮丽なカラーで最も自由な時間を過ごしている。ふざけるなにやにや笑っていたが,気ままに捧げて泣いて、リラックスして自分の心でnuskin 香港、余裕は余裕企画自身の人生を勝手に追求の心の中には、本当の爱、情热いっぱいに探していた自分の幸せだ。太阳の光とともに夜明けの阳射しの下で、花芳香族、命はこの瞬间、表札が燃え、雨戸のすきで;この瞬間だけは、美しい洒落華やかだ。

中年の私たちに入った颜憔悴して、心身ともに疲れ果て、枝に残っていたあの塗れば、嫣红を失ったような国政運営の基調を満喫。一枚一枚が風に散りの花びらに连れて私たちは水のような時間を過ごし、风雨の浸食、んだろうと、私たちの心の奥底の孤独は、我々に減価神伤だった。私たちはもう笑ってないがありません、私达の果実は花が心の中で成長し、私たちの姿を、長身强く支えていた家庭に生まれ、事業と関連して、社会的な責任や荷を、私たちは、家族の頭上にあった日目は、成熟した段階にあでやかに只執念は1本の穏健な大船、航行は自分の分野に幸せや明日を経営している。

「人生を迟暮だった」と話した。形容され始めたのは晩年を送った。老人はまた、人はいないだろう。一轮の花だと思って、歳月の磨きのように仕向け、老けて颜の深いしわに刻まれた白髪を染めて顔に、クリームを书いているきました。彼らの動きが鈍化していることから、はよろけ、ひとつもうすぐ枯渇の明かりを消し、薄暗い光に光って、これが私たちの目には高齢者のイメージだ。だって、お前に読んで秋の红叶でしょう?「霜叶読んだことは赤は二月花」という詩をでしょう?あなたをきれいな夕日でしょう?老人はもはや枝の上の花は、彼らは枝には满山遍野だらけの果実を真っ赤な秋叶は、夕暮れの最も華麗な血の色が、たとえ命が犠牲となっ残阳領域の果て香港如新集團、も含みを生命の尊厳と色、彼らは永远に頭を下げるしかない。

人の一生は、草木の一生、花の一生を口にすれば、命が犠牲が存在する限り、権利はないように花を咲かせた。あるテクノ飞天についての牡丹を贅沢な暮らしを援助します;ならではの像の見事なバラで、花の香りが充満していた、あくる;あるテクノあの清純俗离れているユリ、高級で洗練さ非凡;多くの人は山野里の目立たない小さい花や、エピソードだ。

乗り物が选べなくて自分の出身で、まるで草花も変えることができない自分の种类、生息環境するが、私たちは使える心に対応しなければならない。自分の命は、いくらすばらしいは淡々と、いくらは平凡に応えるすれば、人生の期待を裏切らない歳月は、どのようなんだであろうとなかろうと処の中で、どのような年齢層も、希望を失わないでください、生命をまるで花のように華やかだ。

谁もが自分の生き様と関連して、高尚で、人がいい性格、矢吹春菜;污れが提起されている龌、蹉卑怯ないかがわしい、甘けれ;ストレートが提起されている、富と名誉を、1万人以上の敬い;地位が提起されている低下では、紆余曲折の末、難航している。世界には世間は;赤ん坊をおんぶしたり、心は想像を絶するほど、私たちは浩瀚人海里の一粒塵、無資格画して他人の問題になり、无力社会的身分上の醜い想像だが、私たちは、自分の心の中に種の一輪の清浄な白蓮。用の清浄な心に社会に伝播美しくと香りとリレーの1部の光明(クァンミョン)や善良だ香港如新集團

子の夏の花の煌びやかで美しくて、死如アキバ之静美ひとしきりの花の香りが、自分をしているのも、香りが濃いは薄いは谁もが、心に満ちた芳しさ;色を鲜やかに関わらず、それとも浅淡は、すべてのすばらしい生命します;自分に1つの希望を持っているとは、「どのように応える清風日差し、風雨で育ち、风霜に磨きをかけてきて、じっくりと赴く毎歩、先にお过ごしです。ある日が最终的に[しなければきり、秋叶さまでも、最も美しいがこの世に残し、生命にならせて、すばらしいチュウンチョンブクド生き続けるだろう。

 

​白色的月亮曲奇餅乾


        當春末的杜鵑花褪了顏色,當急躁的蝉兒開始聒噪,當晴空的白雲悠悠飄來,當最後一門考試試卷答覆完畢,我的夏時光就要開始了。按捺不住急切的心情,去買一杯滿滿的草莓刨冰,捧著那沁心的涼意,哪怕舌尖凍得發麻,卻還要嚷嚷著要吃馬家的釀皮,宋家的麻辣燙,唐家的雞柳,劉家的臭豆腐,如新集團仿佛要一日食盡所有的吃食,青春的欲望之胃才能停止蠕動。
        夏這個字我覺得比春瀟灑,比秋絢爛,比冬活潑,這就是象形字的漢字的魅力吧,一眼就道破了夏日的真諦。每每伴著早晝的鳥啼醒來,踏著拖鞋到陽臺上,瞥一眼目刺熱得太陽,信手推窗,一股清晨的濃郁的草香和露汽撲面而來。伸一個漫長的懶腰,打一個不絕的呵欠,一陣熱血沖進腦部,朦朧的雙眼一下子清晰了,樹的僉天的藍、日的紅,穿透了彌漫在空氣裡的晨曦,拋入我的眼簾。
        聽過了早間新聞眼睛帥男的嘮叨,套一身舊T恤就直奔唐徠公園。從這裡可以一眼收盡唐中校園,唐徠渠水依舊川流不息的緩緩而過。沐浴著初晨的發白的太陽光,老頭老太太們扭著一種不知名的舞曲,我也湊進隊伍跳起來,中一收生權當圖的就是一個樂唄。
        魚肚白變成了金黃的煎蛋,人群散去,我的好時光方才來臨,其實起個大早,就是為了能夠吃上小攤上讓我魂牽夢繞的吃食:什麼羊肉泡饃、牛肉拉麵、香噴噴的韭菜餡餡餅、焦脆嫩香的豆腐粉條水煎包子,蓬鬆的大油條、爽口的豆腐腦……只有飽食感讓我覺得今天是一個美滿的開始。
        小時候是苦夏的,特別是炎炎的晌午的那一頓飯,簡直要我媽威逼著才能吞下半碗。現在雖沒有厭食,但也是清淡為上,一把掛麵澆上自製的番茄雞蛋湯汁,加一點自個炸的油潑辣子,再來一根水嫩嫩的脆黃瓜,那叫一個神仙日子。
        大中午的,基本上除了去老師家補習,學校補課,基本宅在家裡,但偶爾我還是喜歡在院子裡的大槐樹下乘涼。院子裡的幾顆槐樹,遒勁的枝椏長著紫色的闊葉,三伏過後就會結上滿滿一樹的白黃的槐花,不僅是這個院子,整個唐槐園乃至唐中都種著這種槐樹,放學時我覺得不用眼睛,嗅著這幽幽的清香就可以回家了。
        我特別喜歡夏日的陽光,夏天的日頭不像冬日那樣傾斜著頭看著大地,既遙遠又陌生,夏日的太陽是直愣愣的從頭頂上投射下來,而燦爛暖熱到無以復加的就是中午了。中午下學回家,走到院子裡,濃濃的槐葉的蔭涼就蔓延到腳下,自個的影子也是酣桟硬的線條彳亍著,似乎熱烈狂放的暖陽要將你按在地上一樣。透過細細密密的枝縫,康泰導遊可以看見藍天上頭一塊雞蛋黃似的斑駁。
        我還喜歡院子裡的小樓,房檐下端藍色的粉漆被常年的雨水洗刷的脫落泛白,坐南向北的朝向是的北面一側總是隱藏在神秘的邂杜。中午吃過偷工減料的午飯,啃著一根老冰棍坐在槐樹下的石墩上,我就靜靜的看著那幢小樓還有它頭上湛藍的藍水晶和白到刺眼的大朵的棉花糖,每當橘色的暖陽將一切塗抹上淡淡的紅色,我就感到一種詭譎的氣氛,一邊是安謐沉默的破舊的背陽的建築,另一邊是藍天白雲活力四射的各種人和活物,這一種微妙的對比讓我感到一種詫異的快樂。有時我會想像那小樓是一座全木質的中國風格的舊旅館,斗拱飛簷,紅柱黃瓦,我想在三層有一間面南的房間,午後可以倚坐在陽臺的隔板門上,看那滿山谷的青翠幽深,聽那時隱時現的猿啼;黃昏時可以擺個小木桌,一邊大快朵頤,一面看那燒遍半個紫色夜幕的火燒雲;傍晚睡不著時,可以披著外衣,踩著拖鞋,打開所有門窗,仰臥在地板上看金黃的星星橡皮糖,白色的月亮曲奇餅乾。
        每當夕陽西下,從五樓探出半個身子,目的橘紅讓人瞭一眼就刺痛的睜不開眼。時常想,為什麼房子不是東西向而是南北向的呢,這樣就可以方便的看日出日落了嘛。我極其不喜歡向北的窗戶,夏天咕隆咚的照不進一點陽光,秋天是滿目的蕭瑟的落葉,冬日就是悲風徹骨的淒涼了。我很想要一間高處的樓層,有著南面和西面相連的落地窗,海外婚禮可以滿滿的盛進一屋子的明亮,但這只限於遐想罷了,這樣的屋子冬天不知道怎麼冷呢。
        燃燒的彤日,拖得長長的影子,喧鬧的操場,還有看著夕陽的滿腹心事的少年,這就是我映射中的每一個唐中的夏天的黃昏。染成金黃的電線杆,嘰喳翔過的鄂П躬辧ぞ吃店前簇擁著清脆的嬉笑,下班高峰的紅色的車燈,透過鬱鬱蔥蔥的槐林,遠處是屹立的荷蘭山,褐色的山體頂著紫色的殘雲,一切如此平靜又理所當然的進行,深暗處卻潛藏這隱隱的靜謐的擔心。我總認為人與物,人與人之間是不長久的,好比宴席總會有散得那一刻一般,每每種種言笑晏晏或快樂的事情發生在我周遭時,就會感到一種莫名的傷痛,不知將來分別是怎樣一種悲哀,亦或早已忘卻了此時此刻的感動,那樣還不如不要相遇,不要這些美好的回憶。忘卻是人的本能,幸福的事也罷,悲傷的事也罷,都會隨時光的洪流遠去,但人會提醒自己不要忘卻,就這樣僵持著,祈禱著,期盼著,真真有一種卑微凡人的悲涼,但要真的如日月一般地久天長,如彭祖一般長命百歲時,恐怕又百惡皆起,面目猙獰了。

不好好讀書就會變傻子

“不好好讀書,將來變的跟傻子似的”壹位母親正在教導不聽話的兒子。

外面清亮的歌聲傳來,壹點都不跑調兒,如新香港卻頗有幾分少數民族情歌裏應有的意味,而這歌聲卻因歌者的身份帶了壹絲傻傻的味道。

“快跑快跑,傻瓜又來了,當心她打妳!”幾個孩子在院子外玩兒的好好的,突然聽見這壹聲,迅速放下皮筋兒,石頭子兒,沙包,壹溜煙兒似的跑的無蹤影了。

傻瓜嘿嘿笑著,如新香港撿起地上的石子兒,熟練的玩了起來,壹邊玩壹邊念刀著和孩子們玩時壹樣的說詞兒。她是比誰都玩兒的熟,玩兒的巧的。

她總是愛坐在院子外路邊的石頭上,每當放學看到她,我們女孩子總是繞道走,我內心是怕她的。總覺得她萬壹不高興會掐死我們。可是極其調皮的小子蛋子可不怕她,甚至往她身上扔東西。所以她也就變成了軟的怕硬的欺了的人。

傻子總會穿著不合時宜的衣服到處跑,圍著村兒跑,出村兒到地裏跑。夏天穿著軍大衣棉襖,冬天穿著背心短褲,雪白的皮膚和她的身份極不搭配。白皙的面龐,精致的五官,若是個正常人倒也是個靈巧的丫頭吧。她有時候會偷別人家地裏的玉米花生什麽的,所以,壹旦誰家地裏被偷了什麽,如新香港就會懷疑到傻子的身上,誰會去管事實是什麽呢。

可是傻子為什麽會成為傻子呢?

這個問題在我們孩子中間是不會有人想去挖掘它的,因為好像傻子生來就是傻子,如新香港不會因為什麽而改變。

可知情者不會這麽認為,她的父母也不這麽認為。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM